消費動向調査 内閣府 – 統計表一覧:消費動向調査

「消費動向調査」は、消費者の暮らし向きに関する考え方の変化や物価の見通しなどをとらえ、景気動向の把握や経済政策の企画・立案の基礎資料とすることを目的として、毎月実施しています。

令和元年11月「消費動向調査」の実施状況について(令和元(2019)年11月29日) 令和元年11月調査は全調査地点で調査を実施しています(令和元年10月調査においては、令和元年台風第19号の影響により、長野県の1調査単位区における調査の実施を見合わせましたが、11月調査から再開しました)。

調査の目的及び根拠

4. 「消費動向調査」はどのように行われるのですか? 「消費動向調査」は、内閣府が企画し、民間の調査機関(平成30(2018)年度~令和2(2020)年度は一般社団法人 新情報センター)に委託して調査を実施しています。 調査の流れは以下のようになっています。

[PDF]

調査概要 1.調査目的 内閣府が実施する消費動向調査の中の「主要耐久消費財の買替え状況」調査結果を利用して、家電製品の 残存率を算出する。 2.調査家電製品 内閣府が実施する消費動向調査品目のうち、下記の7種類の家電製品を対象とした。

地方公共団体消費状況等調査結果(2019年3月末時点現計予算額及び2018年10-12月期収入・支出済額) 2019年7月31日 平成30年度民間企業投資・除却調査結果(平成29年度計数) 2019年7月31日 消費動向調査(令和元年7月実施分) 2019年7月24日

[PDF]

消費動向調 査 Consumer Confidence Survey 令和元年 12月実施調査結 果 December 2019 令和 2年 1月 January 2020 内閣府経済社会総合研究所 景気統計 部 . Department of Business Statistics . Economic and Social Research Institute . Cabinet Office, Government of Japan

内閣府公表の月例経済報告関係資料を掲載。消費総合指数、地域経済動向(四半期)、海外経済報告(四半期)。

資料1 最近の経済動向について(内閣府)(pdf形式:431kb) 資料2 経済の好循環の拡大に向けて(有識者議員提出資料)(pdf形式:152kb) 配布資料 「今後の経済財政動向等についてのアンケート調査」の結果(内閣府)(pdf形式:352kb) 2014年11月4日

内閣府のホームページです。内閣府の組織、政策、報道発表資料、統計・調査などに関する情報を掲載しています。

1 マクロ・世帯属性からみた消費・貯蓄動向

調査終了した項目と終了した調査(「消費動向調査(四半期)」)の統計表など(Excel形式で掲載) 【調査終了した項目】 主要耐久消費財等の普及率(平成16(2004)年3月で調査終了した品目)(Excel形

消費動向調査は、今後の暮らし向きの見通しなどについての消費者の意識や物価の見通し、主要耐久消費財等の保有状況等を把握することにより、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的として実施している一般統計調査です。全国の世帯から三段抽出(市町村-調査単位区-世帯)により

内閣府公表の月例経済報告関係資料を掲載。消費総合指数、地域経済動向(四半期)、海外経済報告(四半期)。

消費動向調査は、今後の暮らし向きの見通しなどについての消費者の意識や物価の見通し、主要耐久消費財等の保有状況等を把握することにより、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的として実施している一般統計調査です。全国の世帯から三段抽出(市町村-調査単位区-世帯)により

[PDF]

年4月の消費税率引上げの影響を除く実質総雇用者所得。 (備考)1.総務省「労働力調査(基本集計)」、厚生労働省「毎月勤労統計調査」、内閣府「国民経済計算」により試算。 2.消費税率引上げは、物価を2%ポイント押し上げると仮定。

「消費税率及び地方消費税率の引上げとそれに伴う対応について」(平成25年10月1日閣議決定)の概要(pdf形式:173kb) 第183回国会における甘利内閣府特命担当大臣(経済財政政策)の経済演説(平成25年2月28日)(pdf形式:240kb) 2012年

内閣府のホームページです。 内閣府の組織、政策、報道発表資料、統計・調査などに関する情報を掲載しています。 内閣府共通意見等登録システム – 内閣府

ご提供ファイル
(団塊世代の退職が労働供給の下押し圧力に)

内閣府経済社会総合研究所 (esri) は、内閣府のシンクタンクとして主に経済社会統計の分析と研究を業務とし、理論と政策の橋渡しを担う施設等機関です。

デジタル大辞泉 – 消費者態度指数の用語解説 – 消費者の景気の動きに対する意識を示す指標。内閣府が消費動向調査の一部として今後半年間の「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」について調査して数値化し、毎月発表する。50以上なら良くなるとされる。

ブラウン管テレビ除外が影響を 「消費動向調査」そのものの解説や「世帯」の区分、「普及率」の定義についてはまとめ記事【定期更新記事:主要耐久消費財・普及率(内閣府・消費動向調査)】で説明されている。 そちらで確認のこと。

内閣府が毎月実施・公表する、景気に関する統計調査。 。「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」などの項目について、今後半年間の見通しを各世帯に5段階評価で尋ね、消費者態度指数を算出。 指数が50以上なら良好と判断される。

消費動向調査は、今後の暮らし向きの見通しなどについての消費者の意識や物価の見通し、主要耐久消費財等の保有状況等を把握することにより、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的として実施している一般統計調査です。 内閣府: 担当課室: 景気

毎年、内閣府が調査を行っている消費動向調査から、ドライバーの皆さんが平均でどれくらいの年数で車を売ることを決断して、そして、買い替えを行っているのかをグラフ付きでご紹介。 今回は最新版となる2015年版からその実情に迫ってみたいと思います!

「消費動向調査」そのものの解説や「世帯」の区分、「普及率」の定義に関しては、一連のまとめ記事【定期更新記事:主要耐久消費財・普及率(内閣府・消費動向調査)】で説明を行っているので、そちらを参照のこと。 2014年以降は消費動向調査全体で大規模な調査要目の変更が行われているが

[PDF]

動向を考察するとともに、同活動の将来の見通しについて触れてみることとしたい。 (1) レジャー・余暇活動に関する国民の潜在的ニーズ 「国民生活に関する世論調査」(内閣府)によれば、「今後の生活の力点」として最も

消費者態度指数は、内閣府が毎月の消費動向調査の中で公表する、消費者マインドを指数化した経済指標をいいます。 また、消費動向調査とは、今後の暮らし向きの見通しなどについて、消費者の意識を把握すると共に、旅行や各種サービス等への支出予定、主要な耐久消費財等の保有状況

内閣府が1日発表した2月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整済み)は前月比0・4ポイント低下の41

内閣府が1日発表した2月の消費動向調査によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整済み)は前月比0・4ポイント低下の41

消費動向調査へのお問い合わせはこちらまでお願いします ※消費動向調査では、消費者の意識と物価の見通し(毎月調査)や耐久消費財等の保有・普及状況(毎年3月のみ調査)を調べており、「支出金額」は調べていません。 このページの先頭へ

内閣府世論調査 消費者行政の推進に関する世論調査. 内閣府世論調査 消費者行政の推進に関する世論調査(平成27年9月実施)(内閣府政府広報室ページへリンク) 内閣府世論調査 消費者行政の推進に関する世論調査(平成26年1月実施)(内閣府政府広報室ページへ

『消費動向調査』 内閣府経済社会総合研究所景気統計部 月刊 中・央p33-121n 前掲資料の月次データです。 『家計調査年報』 家計収支編 総務省統計局 年刊 中・央365.4-4n 約9,000世帯に家計簿をつけてもらうことで、1世帯あたりの1ヶ月間の用途別及び品目別の

tkys0628, ”日本の主要な耐久消費財の世帯普及率(テレビやパソコンなど)” / mobiletelecom, ” 内閣府経済社会総合研究所景気統計部 消費動向調査(全国月次、平成16年4月調査より) 結果” / alonso27, ”消費者動向指数” / goto543, ”耐久製品の製品寿命/買い換え期間” / itboy, ”日本の主要な耐久

(注)総合相談センターの設置根拠となっている内閣府設置法に規定されている消費税転嫁等の相談事務の期限について、令和3年3月31日に延長する法律改正がなされました。これにより、総合相談センターの業務も令和3年3月31日限りとなりました。

パソコン世帯普及率(内閣府2009年) 内閣府の消費動向調査でもいろいろなものの世帯普及率が調査されている。 平成21年(2009年)の「普及率(3月調査)」をグラフ化してみる。

内閣府の政策(経済財政、科学技術、防災、沖縄・北方、共生社会(含む少子化)、男女共同参画、安全関連(食品・原子力・交通)等)、統計・調査(GDP統計、世論調査等)、白書・年次報告書、パブコメ・意見募集等を掲載。

「消費動向調査」そのものの解説や「世帯」の区分、「普及率」の定義に関しては、一連のまとめ記事【定期更新記事:主要耐久消費財・普及率(内閣府・消費動向調査)】で説明を行っているので、そちらを参照のこと。 2014年以降は消費動向調査全体で大規模な調査要目の変更が行われているが

内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 子ども・子育て本部 > 少子化対策 > 会議・プロジェクトチーム > 少子化社会対策推進会議 > 少子化社会対策推進専門委員会(第6回)議事次第 > 子どものいる世帯の年齢層別消費

統計表一覧:景気動向指数 結果景気動向指数(速報、改訂値)(月次) 結果過去の概要過去の概要(第11次改定)問い合わせ内閣府経済社会総合研究所景気統計部電話03-6257-1627(ダイヤルイン) 経済社会総合研究所 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 中央合同庁舎第8号館内閣府法人番号

内閣府が「消費動向調査」を実施し、結果を発表した。その中の「主要耐久消費財等」についての結果を紹介する。調査の目的は、今後の暮らし向きの見通しなどの消費者の意識や各種サービス等の支出予定、主要耐久消費財等の保有状況を把握することにより、景気動向判断の基礎資料を得る

[PDF]

消費動向をミクロデータで考える 内閣府経済社会総合研究所の家計ユニットでは、政 府統計の個票を中心とするミクロ・データを用いた我 が国世帯の経済行動に関する分析に取組んでいる。 本報告では、ユニットの取り組みや周辺分野の研究者

内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070fax 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要(1) 「夫は外で働き,妻は家庭を守るべきである」という考え方に対する意識(2) 女性が職業を

[PDF]

でも」「自由に」回答できる消費者マインドアンケート調査(オープン調査) を内閣府HP上で試行的に実施してきたが、一定期間のデータが蓄積された ことから、回答者の属性及び調査結果について、「消費動向調査」と比較した 検証を行った。

内閣府が1日発表した6月の消費動向調査で、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上の世帯、季節調整済み)は前月より0.7ポイント下がって38.7

消費者行政の推進に関する世論調査 お願い. 本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。 内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話 03(3581)0070 fax 03(3580)1186 目次

このページでは、内閣府 消費動向調査(消費者態度指数)のデータに基づいて、耐久消費財普及率_衣類乾燥機についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。

15年予想では750万台弱に下方修正されたが、実績と予想には依然として350万台の開きがある。そして2度下方修正された16年予測でも625万台とされ

内閣府経済社会総合研究所景気統計部では、消費者の皆さまの「暮らし向き」や「物価の見通し」について、「だれでも」「自由に」回答できるアンケート調査(試行)を行っております。 当面毎月20日を締切として調査を行っています。

内閣府経済社会総合研究所景気統計部では、消費者の皆さまの「暮らし向き」や「物価の見通し」について、「だれでも」「自由に」回答できるアンケート調査(試行)を行っております。当面毎月20日を締切として調査を行っています。

[PDF]

(出典)・内閣府「国民経済計算年報」 民間最終消費支出:名目( 2015年は速報値) ・(一社)日本クレジット協会調査(注) 2012. 年までは加盟クレジット会社へのアンケート調査結果を基に

また、内閣府が行っている消費動向調査でも同様に物価の上昇期待が拡大傾向となっています。 消費者が一番物価の変動を感じるのは、ガソリン、生鮮食品、食料品

このページでは、内閣府 消費動向調査(消費者態度指数)のデータに基づいて、耐久消費財普及率_システムキッチンについてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。

ここから本文です。 消費動向指数(CTI)の概要,結果等. の項目は, 政府統計の総合窓口「e-Stat」掲載の統計表です。 1 統計の概要. 消費動向指数(CTI)は, 次の2つの指標体系で構成されています。

消費動向調査の実査業務における官民競争入札. 公共サービス改革法に基づく「消費動向調査の実査業務一式」の落札者の決定について(平成25~27年度)(pdf形式:8kb) (平成25年4月12日)

この調査は、調査の効率的実施などを図るため、内閣府の「法人企業動向調査」と財務省の「財務省景気予測調査」を一元化して、平成16年4-6月期より内閣府・財務省の共管調査として四半期ごと(5月、8月、11月及び翌年2月の年4回)に実施しています。

消費動向指数は,家計調査の結果を補完し,消費全般の動向を捉える分析用のデータとして総務省統計局が開発中の参考指標です。 家計消費指数を吸収するとともに,単身世帯を含む当月の世帯の平均的な消費,家計最終消費支出の総額の動向を推計してい

内閣府の消費動向調査で年齢階層別の調査が行われているのは2004年4月以降各年3月次。そこでそれらのデータを元に、「総世帯」(要は全部の世帯)における世帯主年齢階層別・パソコン普及率をグラフ化したのが次の図。

[PDF]

シニア世代の消費動向 シニア世代は他の世代に比べて金融資産が多いものの、2011年の内閣府「高齢者の経済生活に関 する意識調査」(以下「意識調査」)によると、貯蓄の目的は「病気や介護が必要になった時など、