交通政策基本法 市町村 – 公共交通政策の現状と課題

交通政策審議会・社会資本整備審議会(計画部会・小委員会)において、平成26年4月より審議を開始し、9月のパブリックコ メントを踏まえ、平成27年2月に国土交通大臣に交通政策基本計画(案)を答申。 平成27年2月13日に閣議決定。

[PDF]

交通政策基本法の概要(平成25年12月4日公布・施行法律第92号) 基本理念等(第2条~第7条) 「交通政策基本計画」の閣議決定・実行(第15条) <パブリックコメント、審議会への諮問等>

市町村計画は、都道府県計画を基本として市町村の区域内における国土利用の方向を示すもので、公聴会の開催などにより住民の意向を十分反映させるための措置を講じたうえで定められます。 市町村計画データベースはこちら

[PDF]

3 交通政策基本法の概要(平成25年12月4日公布・施行法律第92号) 【豊かな国民生活の実現】 日常生活の交通手段確保(第16条)離島等の地域の諸条件への配慮

[PDF]

平成25年(2013年)交通政策基本法制定 交通政策基本法の理念を具体化するため、法改正で機能強化。ネットワークの発想やまちづくりとの連携を重視。「地域公 共交通網形成計画」や、「地域公共交通再編実施計画」を策定することが可能に。

[PDF]

交通手段の確保等 交通政策基本法(平成25年12月4日公布・施行)の具体化 関係者相互間の連携と 協働の促進 等 本格的な人口減少社会における地域社会の活力の維持・向上 まちづくりの観点からの 交通施策の促進 ①地方公共団体が中心となり、

各市町村のWebサイトにおける、国土利用計画(市町村計画)掲載ページの一覧を掲載しています。 ※「リンク掲載可」の市町村のみを記載しているため、掲載市町村以外にも国土利用計画(市町村計画)を策定している自治体もあります。

交通安全対策、計画と対策、普及啓発、調査研究、交通安全白書、交通安全普及啓発事業等、全国交通安全運動、交通事故死ゼロを目指す日、シルバーリーダー養成、交通ボランティア等支援、交通安全教育支援情報、交通安全功労者表彰、交通安全フォーラム、反射材などの施策を掲載。

次期交通政策基本計画の策定に向けた主な論点 ①交通サービス・交通インフラの持続可能性をどのように高めるか 交通の民間事業としての競争やビジネスが成立しない地域においては、公的主体の責任や役割をより明確にすべきではないか。

[PDF]

通網形成計画についても、多くの市町村が策定に至っており、交通政策基本計画における 目標策定件数も既に達成している状況です。 しかしながら、計画を策定したことはゴールではなく、計画に定めた事業を着実に実行 していくことが重要です。

[PDF]

交通施策の促進. 交通政策基本法(平成. 25年12月4日公布・施行)の具体化. 地域住民の通勤・通学・買物・通院といった、日常生活を営む上での交通圏を 踏まえて公共交通ネットワークを再構築する。(A市・B町・C村全体で取り組む)

[PDF]

公共交通政策担当部署(ない場合は企画政策担当部署) の実務担当者としての意見を聞くアンケート調査を実施 した.質問項目は大きく分けて,i) 交通関連施策に関す る項目,ii) 交通基本法に関する項目,iii) 過去5年以内に

[PDF]

地域公共交通の活性化及び再生に関する法律(改正前) 地域公共交通の活性化及び再生の促進に関する基本方針(国のガイドライン) 地域公共交通総合連携計画の作成・実施 市町村、公共交通事業者、道路管理者、 港湾管理者、公安委員会、住民等 協議会

Dec 10, 2015 · Amazonで土居 靖範, 可児 紀夫の地域交通政策づくり入門─生活・福祉・教育をささえる。アマゾンならポイント還元本が多数。土居 靖範, 可児 紀夫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また地域交通政策づくり入門─生活・福祉・教育をささえるもアマゾン配送商品なら通常配送

4.5/5(2)

茨城県公共交通活性化指針. 茨城県公共交通活性化指針(平成28~32年度) 茨城県では,平成19年に「茨城県公共交通活性化指針」を策定し,また,市町村や交通事業者,関係団体などで構成する茨城県公共交通活性化会議を設置するとともに,平成23年には,同指針を改定し,広域バス路線の維持に係る

35 交通運輸 いのち・安全、国民の足をまもる交通運輸政策へ. 2019年6月. 安全を大前提に公共性を重視した交通政策に転換し、人と環境に優しい

[PDF]

3.交通政策基本法の制定及び交通政策基本計画の閣議決定 (1)交通政策基本法の制定と地域公共交通の関係 交通に関する施策について、国が総合的な取組を推進するに当たり、その根幹となる法 律として、平成25年、「交通政策基本法」が制定されている。

(2)地域交通対策 県民の日常生活に欠かすことのできない移動手段を確保するため、バスの運行を事業者等に委託している市町村や、赤字の生活交通路線を運行しているバス事業者に対して、運行費や車両購入費等の補助を行うほか、市町村が行う効果的な運行方法導入に係る試験運行を支援

[PDF]

父村地域公共交通網形成計画を策定しました。 1-3 関係法の改正について 平成25年12月に交通政策基本法が制定、施行されました。交通政策基本法は国民 等の交通に対する基本的需要が適切に充足されることが重要であるとの基本的な認識の

1.国の交通安全推進体制 (1)中央交通安全対策会議 昭和45年に交通安全対策基本法が施行されたことに伴い,同法に基づき,総理府に中央交通安全対策会議が設置された(平成13年,中央省庁等改革に伴い内閣府に移管)。

公共交通基盤の復旧・整備
[PDF]

市町村のバス政策の方向性と地域公共交通会議の役割に関する一考察* The Direction of Local Government Policies Regarding Bus System and the Roles of “Local Public Transport Council” * 加藤博和**・福本雅之*** By Hirokazu KATO** ・Masayuki FUKUMOTO*** 1 はじめに

[PDF]

市町村合併によって行政単位と生活圏(日常交通 圏)が一致すれば自治体バスが境界で途切れてしま うようなことが解消され、移動ニーズに合った地域 公共交通政策が可能となることが期待される。しか し、実現される市町村合併の枠組みが住民の生活圏

[PDF]

交通手段の確保等 交通政策基本法(平成25年12月4日公布・施行)の具体化 関係者相互間の連携と 協働の促進 等 本格的な人口減少社会における地域社会の活力の維持・向上 まちづくりの観点からの 交通施策の促進 ①地方公共団体が中心となり、

これを受け、大阪府においても、2025年国際博覧会のコンセプトを踏まえ、府・市町村・民間企業などオール大阪で、いのち・健康を軸にした幅広い取組みを推進するため、「(仮称)大阪から『いのち輝く未来社会』をめざすビジョン」を平成29年度中に

[PDF]

Ⅴ 国・県・市町村の役割分担の現状 国、県、市町村の役割分担の現状について、地方自治法の規定、事務の実施 主体、制度の仕組みなど多様な観点から整理すると以下のとおりである。 【地方自治法の規定

[PDF]

交通政策基本法(平成25年12月4日公布・施行)の具体化 日常生活等に必要不可欠な 交通手段の確保等 関係者相互間の連携と 協働の促進 等 まちづくりの観点からの 交通施策の促進 改正地域公共交通活性化再生法の基本スキーム 基本方針 国が策定

[PDF]

※ 幹線路線:広域振興圏の間を結ぶ鉄道、広域バス路線 広域バス路線:広域振興圏内において市町村を跨ぐバス路線 【国の法制度等の変化】 ・ 交通政策基本法(h25 施行) ・ 地域公共交通活性化再生法の改正に 伴い、地域公共交通網形成計画の制度 化等

交通バリアフリー法に基づく県内市町村の基本構想作成状況 ; その他 ; 交通計画課所掌の「次世代への飛躍 輝け!ちば元気プラン」進行管理(政策評価)について (交通計画課が該当する主な政策分野は「iii-5活力ある県土の基盤づくり」となります。

Amazonで土居 靖範, 可児 紀夫, 丹間 康仁の地域交通政策づくり入門 人口減少・高齢社会に立ち向かう総合政策を [増補改訂版]。アマゾンならポイント還元本が多数。土居 靖範, 可児 紀夫, 丹間 康仁作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また地域交通政策づくり入門 人口減少・高齢

[PDF]

地域公共交通活性化再生法の制定(H19年) → 地域の関係者の協議を踏まえた市町村による計画づくりの制度化 交通に関する施策を総合的・計画的に推進 交通政策基本法の制定(H25年)

[PDF]

交通施策の促進 交通政策基本法(平成25年12月4日公布・施行)の具体化 地域住民の通勤・通学・買物・通院といった、日常生活を営む上での交通圏を 踏まえて公共交通ネットワークを再構築する。(A市・B町・C村全体で取り組む)

交通バリアフリー法に基づく県内市町村の基本構想作成状況 ; その他 ; 交通計画課所掌の「次世代への飛躍 輝け!ちば元気プラン」進行管理(政策評価)について (交通計画課が該当する主な政策分野は「iii-5活力ある県土の基盤づくり」となります。

[PDF]

したことにより,総合事業を推進していた市町村を中心 に大きな混乱が生じている. 本稿は,自治体による地域公共交通政策推進の基本と なる「地域公共交通計画」に着目し,確保維持改善事業 前後の自治体の取組状況の変化について概観するととも

[PDF]

交通政策基本法(h25.12施行) 交通に関する施策について、基本理念およびその実現を図るの に基本となる事項を定めるまた国と地方公共団体の責務等を明に基本となる事項を定める。また、国と地方公共団体の責務等を明 らかにした。

[PDF]

「交通基本法」の制定についての意見書 2010年(平成22年)2月26日 日本弁護士連合会 第1 意見の趣旨 当連合会は,道路公害の被害救済に端を発し,人権救済の観点から,国に対し, 総合的な交通政策の実施を継続的に求めてきたところである。

陸上交通の安全に関する総合的施策の企画・実施 関係機関・市町村ごとの連絡調整. 2 設置根拠法令等. 交通安全対策基本法(昭和45年6月1日法律第110号) 第16条; 群馬県交通安全対策会議条例(昭和45年10月15日条例第54号)(pdf:78kb)

[PDF]

交通政策を取り巻く状況の変化にあわせ、平成25年12月に「交通政策基本法」が策定され、 これを受けて平成26年11月に「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」が一部改正 された。

[PDF]

ど,県内公共交通の維持・活性化に向けた様々な取組を進めてまいりました。 一方,国においては,政府及び関係者が一体となって交通に関する施策を総合的かつ 計画的に推進するため,平成25年に交通政策基本法を制定し,同法に基づき策定された

「国土数値情報」とは、国土形成計画、国土利用計画の策定等の国土政策の推進に資するために、地形、土地利用、公共施設などの国土に関する基礎的な情報をGISデータとして整備したものです。

[PDF]

「交通政策基本計画」の閣議決定・実行 (第15条) 国土交通省「交通政策基本法の概要」を参考に加筆・修正 国民等の自由な交通手段の選好を踏まえつつ、 適切に役割を分担し、有機的かつ効率的に連携 交通に関する施策を、まちづくりその他の観点を

地域の交通は、日常生活、子どもたちの通学、地域コミュニティづくりなど、住民生活をささえる基礎的な条件です。 岐阜市をはじめ各地に広がる地域交通システムづくりの実際を紹介し、地域交通総合政策・基本条例案を提案します。

交通政策基本法、地域公共交通活性化・再生法の改正で地域の足を守るために、今、何をなすべきか? – 地域公共交通総研 第2回シンポジウム – これらの計画は市町村

[PDF]

地域公共交通の活性化及び再生を図るため、市町村が地域の関係者による協議会を組織して、 「地域公共交通総合連携計画」を策定し、同計画に即して関係主体が取組を進める制度を創設。 地域公共交通総合連携計画(市町村が作成)

農業経営基盤強化促進法に基づき、市町村が定めることができるとされており、千葉県の基本方針に即して、松戸市の農業の持続的な発展を図るため、将来(おおむね10年後)の育成すべき農業経営の目標の設定と、その実現に向けての措置などを定めたもの

[PDF]

② 市町村における財政負担 ③ 広域生活圏における公共交通ネットワーク 6 国における政策動向 ・ ・ ・ 34~35 (1) 交通政策基本法、「コンパクト・プラスネットワーク」 (2) 改正都市再生特別措置法、改正地域公共交通 活性化・再生法

[PDF]

そして、南信州協議会や14市町村及び各 市町村地域公共交通会議において議論を重 ね、平成21年3月に、当地域における公共 交通整備に関する基本的な考え方、公共交通 において提供するサービスの満たすべき水 準、市町村間における公共交通の連携方針等

第174回通常国会において「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(平成22年法律第36号)が成立し、平成22年5月26日公布され、同年10月1日施行されました。

障害者基本法では、国、都道府県、市町村のそれぞれの役割・責任分担に配慮し、また、地方公共団体の自主性を尊重しつつ、障害者施策の総合的かつ計画的な推進を図るため、それぞれが主体的に計画を策定することを要請している。

1 計画策定の趣旨 交通安全対策基本法第25条第1項の規定により、内閣府が定める「第10次交通安全基本計画」に基づき、県内の陸上交通の安全に関する施策の大綱として、「群馬県交通安全計画」を策定

企画部 市町村課; 環境部 環境政策課 医療法施行規則第1条の14第7項の規定に基づく診療所について 令和元年度総合交通体系基本計画基礎調査に係る企画提案の募集について

「札幌市における市町村官民データ活用に関する調査研究業務」の公募型企画競争の実施について (募集は終了しました). 本業務は、ictを基盤としたデータ活用を取り巻く種々の要因について基礎的な調査を行った上で、「官民データ活用推進基本法」に基づく「市町村官民データ活用推進

交通政策課 ; 改革推進課 住民基本台帳法の施行(情報システム課において所掌するものを除く。 市町村に係る地方自治法及び地方独立行政法人法の規定に基づく許認可等(他の機関において所掌するも

[PDF]

基本構想の指針 ・市町村が重点整備地区を定め各種事業を重 2010年にバリアフリー法に基づく基本方針を改正し、2020年度までの整備目標を設定。 ※4 交通政策基本

[PDF]

地域公共交通の活性化及び再生の促進に関する基本方針(国のガイドライン) 地域公共交通総合連携計画の作成・実施 市町村、公共交通事業者、道路管理者、 港湾管理者、公安委員会、住民等 協議会 地域公共交通総合連携計画(市町村が作成)

[PDF]

手がいなくなった地域公共交通は、市町村が担わざるを得ない状況となっています。しかし、多 くの市町村では公共交通という分野を扱ったことがなかったため、ノウハウもないまま、手探り で取り組みを逭めてきたというのが実状です。

[PDF]

本計画は、交通政策基本法及び改正地域公共交通活性化再生法に基づき、人吉球磨 地域における持続可能な地域公共交通網を形成することを目的に、地域交通の基幹と なる、地域を跨ぐ路線バスの再編を対象とした計画を策定するものです。 計画策定の背景

[PDF]

制度や,地域公共交通活性化・再生法の法定協議会・連携計画の制度が,地域自らが公共交通政策を立 案・実施していくしくみとして広く市町村に普及したが,必ずしも制度を十分活用できているわけではな

都道府県交通安全計画及び市町村交通安全計画は,それぞれ交通安全基本計画又は都道府県交通安全計画に基づき,都道府県又は市町村がその区域における陸上交通の安全に関して講ずべき総合的且つ長期的な施策の大綱等について定めるもので,交通安全

百二十五の三 自家用有償旅客運送者の登録 (注) 地域公共交通の活性化及び再生に関する法律第二十七条の六第一項(道路運送法の特例)の規定により自家用有償旅客運送者の登録又は変更登録を受けたものとみなされる場合における同法第二十七条の三第二項(地域公共交通再編実施計画の