コンセプトカー マツダ – マツダ・風籟

マツダ コンセプトカーに関するニュースまとめ一覧。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗

マツダ車誕生までのルーツを辿るマツダマニア向けページ。 最近は、ほぼ量産車のカタチが出来上がってからコンセプトカーを出品する傾向があるから、大差ありませんね。

※ マツダはフューチャー的なコンセプトカーを出しておらず、ほとんどが市販化デザインに近いプロトタイプで、「跳」はデミオ、「越」はcx-4、「魁」は次期アクセラの原型とされていますが、これらを除くと掲載するネタが無くなってしまうので、ここはご容赦(~_~;)。

名前がイケメンすぎる!マツダのコンセプトカーまとめ. モーターショーなどに出されるコンセプトカーはもちろんのごとくそのメーカーの商品技術を全面にアピールすることができ、かっこうの良いものが多く出品されるのは当然のことである。

コンセプトカー靭(shinari)の開発中の様子を捕らえた写真集です。 kiyora / 清 ギャラリー 2008年のパリ・モーターショーで公開された、小型、軽量の次世代都市型コンパクトコンセプトカー「マツダ清(きよら)」の写真集です。

マツダ(Mazda)の中国部門は、4月16日に中国で開幕する上海モーターショー2019に、コンセプトカーのマツダ『ビジョン・クーペ』と「SKYACTIV-X

「マツダ 魁 concept(マツダ カイ コンセプト)」。それは、内燃機関を搭載するクルマとしての理想を追求し、マツダの次世代の技術とデザインを融合した世界初公開のコンパクトハッチバックコンセプト

クリックして Bing でレビューする3:11

Sep 06, 2010 · マツダは、新しいデザインテーマとなる”魂動(こどう)-Soul of Motion”と、これを体現したデザインコンセプトカー「マツダ 靭(SHINARI)」を発表

著者: モーターマガジンMovie
マツダ「Vision Coupe」が欧州コンセプトカー・オブ・ザ・イヤーを受賞

マツダは10月25日、「東京モーターショー2017」(25~26日はプレスデー、27日から一般公開)に世界初披露のコンセプトカー2台を展示した。

「Mazda RX-VISION」では、マツダデザインが考える美しいFRスポーツのカタチを追求し、新しさの中にスポーツカーの正統を感じさせる、マツダのスポーツカーの歴史を凝縮したスタイリングをつくり上

コンパクト・セダン・suv・スポーツカー・ミニバン・ワゴン・軽自動車などマツダの新車情報をご紹介。

Feb 07, 2018 · パリで開催された「第33回Festival Automobile International(国際自動車フェスティバル)」で、「マツダ VISION COUPE(ビジョン・クーペ)」が「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」に選出!現地から追加の写真が届きましたので、合わせてご紹介します!

マツダでは、mazda 魁 conceptを「日本の美意識を体現した」コンセプトカーであるとし、マツダが考える“理想的なハッチバック”のプロポーションを描いたとする。

「マツダ 魁 concept(マツダカイコンセプト)」。それは、内燃機関を搭載するクルマとしての理想を追求し、マツダの次世代の技術とデザインを融合した世界初公開のコンパクトハッチバックコンセプト

2017年の東京モーターショーで、マツダは2台のコンセプトカーを発表した。いずれも、2012年以来のマツダ車の共通コンセプト「魂動デザイン」を

マツダのクルマづくりの柱となる「skyactiv technology(スカイアクティブテクノロジー)」、デザインテーマ「魂動(こどう)」、安全思想「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」、新世代カーコネクティビティシステム「マツダコネクト」に基づき、これら

エンジン: 1.5L 直4 DOHC SKYACTIV-D

マツダが2019〜2020年に勝負をかける!! カギを握る新車3台 マツダの新車がついに登場する!2019年から2020年にかけて販売されるという。マツダから販売予定の車、アテンザ・アクセラ・cx-4の3台を詳しく紹介する。今後購入予定の方は必見!

グランツーリスモsport、マツダのレーシングカー「rx-vision gt3 concept」イメージスケッチ公開。 ショーで世界初公開されたコンセプトカー

マツダ、東京モーターショーでスポーツカーのコンセプトモデルを世界初公開. マツダのスポーツカーの歴史を凝縮させたスタイリングを実現

マツダ・風籟(ふうらい・FURAI)は、マツダが製作したコンセプトカー。 一連の「Nagare」シリーズ第5弾に当たる。名前は風の音を意味し、風を切り進むレーシングカーをイメージしている。 概要

Nov 15, 2006 · マツダ株式会社は、11月29日から12月10日までロサンゼルスで開催されるロサンゼルス国際自動車ショー *1 において、デザインコンセプトカー「マツダ流(ながれ)/mazda nagare」を世界で初めて公開する。 この他、本年5月から北米市場で販売を開始したクロスオーバーsuv「マツダcx-7」、2007年初頭

2013/06/05 – デザインテーマ 魂動 kodo – soul of motion。「マツダ、デザイン、コンセプトカー」のアイデアをもっと見てみましょう。

現在開催されている第45回東京モーターショーにて、マツダは「vision coupe」と「魁 concept」という2台のコンセプトカーを展示し、話題となってい

Feb 06, 2019 · マツダはロサンゼルスモーターショー2018で2019年モデルの新型マツダ3(日本名はアクセラ)を発表した。この新型車は2019年初頭に市場投入が予告

モーターショーなどでお披露目されたコンセプトカーのときは格好良かったのに、市販化されたときには、デザインが大幅に変わって、案外普通になっていた、ということはよくあります。今回は、そんなコンセプトカーと違いすぎた市販車を紹介します。文・立花義人

マツダの発表内容. マツダが発表した内容は以下の通りです。 マツダは、10月30日から11月8日に一般公開される「第44回東京モーターショー」において、スポーツカーのコンセプトモデル(以下、マツダスポーツコンセプト)を世界初公開します。

マツダの4ドアセダン「mazda3」「mazda6」のご紹介。価格や燃費などの情報からあなたに合ったセダンタイプのおクルマをお選びいただけます。【mazda】

マツダ『rx-vision』は、マツダスポーツカーデザインの歴史を凝縮。マツダが考えるfrスポーツカーの究極ともいうべきスタイリングを表現した。 《撮影 太宰吉崇》 マツダ rx-vision コンセプト 39枚目の写真

マツダ車のコンセプトカーの「しなり」は,販売予定はないのですか? 正式にマツダから発売は無いとアナウンスされています。「シナリ」の車格は、ベンツCLSやポルシェ・パナメーラといった全長5m級

Read: 15666

マツダの4ドアセダン「mazda3」「mazda6」のご紹介。価格や燃費などの情報からあなたに合ったセダンタイプのおクルマをお選びいただけます。【mazda】

マツダはモーターショーのたびに、派手なコンセプトカーを出品しています。そしてそれらの多くに漢字の名前が与えられています。 そこで今回のクエスチョン。マツダのこのコンセプトカー(下の写真)の名前は?というのが今回のクエスチョンです。

コンセプトカーの本来の意義は、自動車メーカーやデザインスタジオの持つ、デザインや技術の可能性を広げ提示することにあったが、まれにそれが行き過ぎることもあった。

マツダは1日、次世代デザインのビジョンモデル「ビジョン・クーペ」がパリで開かれた国際自動車フェスティバルで最も美しいコンセプトカーに

マツダは「第45回東京モーターショー 2017」において、今後のデザインの方向性を示す2台のコンセプトカーとして、クーペタイプの「vision coupe

【スクープ!】これが次期デミオの姿だ! ~コンセプトカー「マツダ 跳(hazumi)」、ジュネーブショー2014で世界初公開!~で紹介するニュースの

クリックして Bing でレビューする2:52

Oct 26, 2017 · 「マツダはクルマのチカラを信じている。」 マツダの次世代技術(skyactiv-x & skyactiv-vehicle architecture) 及び深化したkodoデザインを通じて、クルマを

著者: Mazda Official Web

2017/02/13 11:33. rx-01のドアノブはfdのモノ!? マツダ保管のコンセプトカーなどのre車を見学!【歴代ロータリー車ミーティング2017】

マツダ車のコンセプトカーの「しなり」は,販売予定はないのですか? 正式にマツダから発売は無いとアナウンスされています。「シナリ」の車格は、ベンツCLSやポルシェ・パナメーラといった全長5m級

モーターショーやショールームなどで展示される「コンセプトカー」は、今後のデザインや技術の方向性を示すのが目的で造られたもので、未来を感じさせる斬新なデザインがわれわれの目を楽しませてくれます。 日本車のコンセプトカーがどう変遷してきたのか、過去50年間の写

マツダは、スイス・ジュネーブで開催される「第84回ジュネーブ国際モーターショー」(一般公開日2014年3月6~16日)において、次世代コンパクトカーの コンセプトモデル「マツダ跳(hazumi)」と、小排気量のクリーンディーゼルエンジン「skyactiv-d 1.5」を世界初公開すると発表した。

マツダ・ビジョン・クーペの外装を見てみよう. マツダ・ビジョン・クーペは「4ドア」。 今回マツダは東京モーターショーにおいて新型コンセプトカーを2台発表、としており、そのうちの一台が「魁コンセプト」、そしてもう一台がこの「ヴィジョン・クーペ」となります。

マツダにとってのコンセプトカー. 最近のマツダのコンセプトカーの特徴としては、かなり市販化を意識していて、ほぼそのままに近い形で量産されることが多いということが挙げられます。 マツダ・アテンザに繋がる2台のコンセプトカーを見てください。

マツダは25日、今後のデザインの考え方を示すためのコンセプトカーを発表した。27日に開幕する東京モーターショーのブースに展示する。 展示

マツダのコンセプトカー「元就」のデザインがすごいことに. 2007年11月16~25日に開催される「la auto show」のデザイン部門に出品されているマツダ

マツダは2019年1月10日から幕張メッセで行われる「東京オートサロン2020」と、2月にインテックス大阪で行われる「大阪オートメッセ2020」の出展内容を発表しました。日本初公開モデルやコンセプトカーなど計13台を展示します。

マツダ、パリで「最も美しいコンセプトカー賞」を獲得 VISION COUPE コンセプトがMost Beautiful Concept Car of the Year受賞 パリで開催される国際自動車フェスティバルにおいて、マツダのVISION COUPE コンセプトがMost Beautiful Concept Car of the Yearを受賞した。

マツダのビジョンクーペが第45回東京モーターショー2017でワールドプレミアしました。まつだの次世代4ドアクーペは日本の引き算の美学をコンセプトに誕生しました。美しくしなやかなボディラインを持つコンセプトカー マツダ ビジョンクーペを紹介します。

東ホール3にあるマツダのブース。そこに展示されている2台のコンセプトカーが、今回の東京モーターショーのハイライトだ。デザイナーから魂動デザインの進化形は、どう見えるのか? 東京モーターショーで最も注目を集めるVision Coupe(ビジョン・クーペ)を取り上げる。

マツダ魁コンセプトは次世代を担うコンパクトハッチバック. 2017年10月25日からスタートした東京モーターショー2017で、世界初公開されたマツダ魁concept(カイ・コンセプト)は、マツダの次世代を担うコンパクトハッチバックで、2019年5月に発売したmazda3のベースになっているモデルです。

マツダが東京オートサロンに出展するコンセプトカーを公開しました。 今回は、その出展されるコンセプトカー4台を紹介します。 ロードスター ドロップヘッドクーペ カーボン製のディタッチャブルハード

東京モーターショーで、多くのクルマ好きから喝采を浴びているのがマツダでした! 過去記事でご紹介しました通り、事前情報では2台のコンセプトカーを世界初公開する、とのことでしたが、その2台が予想を上回る出来なのです! ここではマツダの未来を示す2台のコンセプトカーをご紹介し

12月13日、マツダは2020年1月10日〜12日に千葉の幕張メッセで開催する「東京オートサロン2020」の出展概要を発表。「cx-30」や「マツダ3」、「cx-5」などクロスオーバーsuvのアクセサリーパッケージ装着車や、モータースポーツをイメージしたマツダ車のカスタマイズカーなどが出品される。

【Movie】マツダ、4ドア4シーターの新型コンセプトカー「靭(しなり)」を発表. マツダは2010年9月3日、新しいデザインテーマと、そのコンセプト

画像1の「マツダモータースポーツコンセプト」の3台は、左からコンパクトカー「mazda3 ファストバック」、スポーツカー「ロードスター」の公道走行が可能な競技向け車両「ロードスター nr-a」、ミドルクラス・クロスオーバーsuv「cx-5」の3台をベースとした

マツダが1995年の東京モーターショーで発表した「rx-01」。 自然吸気ロータリーエンジン(13b)を搭載し出力は220馬力、重量は1100キロ、というスペック。 「rx-7」がfd3s(1991~2002)だったころの作品ですが、fd3sの後継として考えられており、2+2レイアウトを持つ軽量スポーツカーです。

昨年11月にマツダのコンセプトカーである. 靭(シナリ)を見てきました。広島県立美術館で開催された『榮久庵憲司の世界展』への特別協力というかたちで『mazda design クルマはアート』も同時開催されており、そこに靭も展示されていました。

実はマツダのデザインは、2015年の4代目ロードスターからかなりテイストが変わっている。キャラクターラインをほとんど排して、大きなパネル面の組み合わせで全体のフォルムを見せるようになった。 その最もわかりやすい例が、コンセプトカーのrx-vision。

2016年に「Mazda RX-VISION」が同賞に選出されており、マツダでは次世代デザインを牽引するふたつのコンセプトカーでの受賞となる。 マツダのデザイン・ブランドスタイルを担当する前田育男常務執行役員は受賞に際して次のようにコメントしている。

2019年は東京モーターショー開催の年です。毎回、数々のコンセプトカーや、市販直前のクルマが発表され、それを見るために足を運んだ方も多いでしょう。そこで、過去の東京モーターショーに展示されたコンセプトカーから、市販に至ったクルマ5車種を紹介します。