横浜市 副市長 平原 – 東京新聞:賛否 横浜市のカジノ誘致 双方の動き加速:神奈 …

Mar 26, 2016 · 横浜市議会は25日、副市長に都市整備局長の平原敏英氏(57)を充てる人事に同意した。任期は4月1日から4年間。平原氏は昭和56年に横浜市役所に

平原 敏英(ひらはら としひで、1958年 12月12日 – )は、日本の地方公務員、土木技術者。横浜市都市整備局長兼横浜高速鉄道 取締役を経て、2016年3月に横浜市副市長就任。 人物・経歴. 1981年3月 武蔵工業大学 工学部 土木工学科卒業. 1981年4月 横浜市採用

横浜市の林文子市長は25日の市会本会議に、都市整備局長の平原敏英氏(57)を新たな副市長に充てる人事案を提案し、同意された。鈴木伸哉副

Aug 24, 2019 · 誘致レース(735)横浜市=第25回 横浜経済人会議 ir提言6年連続~平原副市長がir説明 – カジノを含む統合型リゾート(IR)の政治、経済情報・ニュースを配信いたします。

平原氏を選任 議会が同意 /神奈川 横浜市議会は25日、林文子市長が提出した鈴木伸哉副市長(60)の後任に平原敏英・都市整備局長(57)を選任

横浜市の鈴木伸哉副市長が3月31日付で退任し、後任に平原敏英都市整備局長が4月1日付で就任する。3月25日の市会本会議で同意を得た。 平原氏は

Appleリサ・ジャクソン環境・政策・社会イニシアティブバイスプレジデント(大手町サンケイプラザ) JCLP主催シンポジウム「再生可能エネルギー需要の増加によるマーケットへの影響 急増する再エネ100%への企業ニーズ」(同)

市社会福祉協議会新年賀詞交歓会(ローズホテル横浜) 市医師会賀詞交換会(横浜ロイヤルパークホテル) 渡辺、平原、小林、荒木田副市長; 市社会福祉協議会大場茂美会長

横浜市の林文子市長は7日までに、新たな副市長に小林一美政策局長(59)と荒木田百合政策局担当理事(58)を充てる方針を固めた。柏崎誠副

1 日前 · 2020年1月29日と30日に開催される「第1回横浜 統合型リゾート産業展」は、期間中に行なわれる特別講演の登壇者を発表した。 横浜市副市長の平原

日時 平成30年1月26日(金曜日)午前9時50分~午前11時15分; 場所 川崎日航ホテル 鳳凰の間; 出席者 神奈川県知事 黒岩 祐治 横浜市副市長 平原 敏英 川崎市長 福田 紀彦 相模原市長 加山 俊夫

平原 敏英(横浜市副市長) 上野 孝(横浜商工会議所会頭・上野トランステック㈱代表取締役会長兼社長) (2019年7月1日現在) ※ 浅羽 義里、平原 敏英、野並 直文、木村 惠司、風間 利彦、平澤 貞昭、原田 一之、林 英一の各氏は社外取締役です。

異業種交流で地域の発展を目指す「神奈川21世紀の会」(毎日新聞社主催)の第115回講演会が10日、ホテルニューグランド(横浜市中区)で開かれ

横浜市(よこはまし)は、関東地方南部、神奈川県の東部に位置する同県の県庁所在地。 日本で二番目の人口を持つ都市である 。 政令指定都市の一つであり、18区の行政区を持つ。現在の総人口は日本の市町村では最も多く、四国地方に匹敵するおおよそ375万人であり、1府37県の人口を上回る。

国: 日本

横浜商工会議所など神奈川県内の経済団体は6日、カジノを含む統合型リゾート(ir)の横浜市への誘致に向け、推進協議会を設立した。神奈川

Oct 25, 2019 · 25日、横浜市で「横浜港クルーズセミナー2019」が行われた。セミナー冒頭、主催者の挨拶として横浜市の平原敏英副市長が登壇。「横浜港は港湾整備を進めており、2020年5月6日には日本で初めて超大型客船を含む6隻が横浜港に同時入港する」と明らかにした。

市長代理順序規則 (昭和26年3月横浜市規則第11号) の全部を改正する。 地方自治法 (昭和22年法律第67号) 第152条第1項の規定により、市長の職務を代理する副市長 第2順位 平原敏英副市長.

横浜市:第22回 横浜経済人会議 政治, 行政, 経済が集結 三年連続でIR誘致を提言 – カジノを含む統合型リゾート(IR)の政治、経済情報・ニュースを配信いたします。

(写真:横浜市 |左から柏崎副市長、林市長、渡辺副市長、平原副市長) 平成28年7月27日、横浜市役所にて、市長、副市長、区局統括本部長が、「横浜市役所イクボス宣言」を行いました。

【午後】 吉川伸治・神奈川県内広域水道企業団企業長ら 菊地副市長 伊藤副市長 田澤 悟・川崎パークゴルフ同好会会長ら 平原敏英・横浜市副市長 まちづくり局 宮前区役所: 3日(日) 第20回ふる里さくら祭り(宮崎台駅周辺) 2日(土) 外出

商議所が主催した「都市政策フォーラム」では、平原副市長がIRに関する市の考え方や誘致で見込まれる経済効果を説明した。

本年4月、政策局担当理事などを歴任してきた荒木田百合さんが、副市長に就任しました。内部登用では初の女性副市長です。 横浜市では教職員

横浜市 の林文子市長に代わって出席した 平原敏英副市長 は、「市では瀬谷区の旧上瀬谷通信施設(在日米軍施設の跡地、相鉄瀬谷駅などが最寄り)で、 2027年に国際園芸博覧会の開催 を目指しており、神奈川東部方面線(相鉄・jr直通線と相鉄・東急直通

平塚市 担当 職員課 人事研修担当 三田 電話 0463-21-8762 副市長の就任 副市長の選任につきまして、本日議会の同意が得られ、次のとおり就任することになりました。

平原 敏英 氏 (横浜市副市長) 13:00~14:00: パネルディスカッション 「環境未来都市が目指すsdgs 持続可能な開発をリードする地方自治体」(仮) 関谷 毅史 氏 (環境省地球環境局国際連携課長) 中本 成美 氏 (北九州市 企画調整局政策部長)

[PDF]

(川崎市川崎区日進町一番地) 3 出席者 神奈川県知事 黒岩 祐治 横浜市副市長 平原 敏英 川崎市長 福田 紀彦(座長) 相模原市長 加山 俊夫 4 結果概要 人口減少・少子高齢化社会において、県と指定都市の連携及び

かながわロックの会. 78 likes · 2 talking about this. 神奈川県小選挙区第6区(保土ヶ谷区・旭区)の市民グループです。平和憲法を愛し、安心して暮らせる神奈川を実現することが目的です。 ぜひ、仲間にな

フォロワー数: 81

本日の会議を踏まえて、四県市共通の行政課題等について、引き続き連携・協力して取り組んでいきます。(左から、加山相模原市長、私、福田川崎市長、平原横浜市副市長)

横浜市副市長の平原俊英氏は、市長の林文子氏の挨拶を代読。 「横浜市民悲願の直通線。 活力ある横浜を支える生命線です」とのメッセージを

平原敏英副市長. 総務局及び財政局に属する事務. 港北区に属する事務. 小林一美副市長. 国際局及び経済局に属する事務. 緑区に属する事務. 荒木田百合副市長. 会計室に属する事務並びに選挙管理委員会事務局、人事委員会事務局、監査事務局及び議会局に

・市第231号議案 横浜市副市長の選任 市長説明 ・採決 平原 敏英氏(横浜市副市長 選任予定者)挨拶

横浜市副市長 平原敏英様、横浜市会議長 梶村充様、環境創造局長 大熊洋二様、資源循環局長 尾仲富士夫様、道路局長 中島泰雄様、国会・自民党横浜支部連合会の先生方はじめ多数のご来賓にご参会いただきました。 ≪承認事項≫

石井大臣から浦崎沖縄県副知事に指定書を交付 関係者記念写真(左から平原横浜副市長、浦崎沖縄県副知事、下地宮古島市長、朝長佐世保市長、石井国土交通大臣、蒲島熊本県知事、難波静岡県副知事、菊

[PDF]

説明者:横浜市平原副市長 〇経済政策委員会の川本委員長の意見表明 「都市政策フォーラム」を開催します! 14:10~14:50 第Ⅰ部IRの横浜誘致と地域経済の活性化 〇旧上瀬谷通信施設等の跡地活用についての横浜市の説明 説明者:横浜市平原副市長

平原副市長、やはり横浜市としてもこれだけ格差を生まないようにするためにはこの企業会計というやり方そのものがもう、私は限界にきていると思っているんです。

当協議会は、医療や福祉関係者等との連携のもと、既存住宅の改修工事等での居住者の健康状況の変化等に関する調査への連携・協力により、高齢者等の健康の維持・増進に資する省エネ住宅の普及に取り

(一社)横浜青年会議所(横浜JC)は8月23日、「第25回横浜経済人会議」をはまぎんホールヴィアマーレで開催した。 今年は「考動が切り拓く

来賓として設立総会に参加した 横浜市の平原敏英副市長 は、前職が再開発などを担当する 都市整備局長 だったこともあり、「初期の頃から新綱島地区や綱島地区に関わらせていただいており、(再開発組合の発足は)個人としても大変喜ばしいこと」と

2019年11月30日より開業する相鉄線、jr東日本の共同使用駅「羽沢横浜国大駅」(はざわよこはまこくだいえき)の発車式が、11月25日に同駅にて開催された。営業開業日は11月30日の予定だ。羽沢横浜国大駅は相鉄線とjrの相互直通運転を行う

横浜市 市政 横浜市の財政状況は、2011年度(平成23年度)の決算によれば、歳入は1兆4,221億円、歳出は1兆3,956億円となっている[58]。地方公共団体の財政の健全化に関する法律(財政

[PDF]

戦の横浜開催に尽力。都市計画、都市整備分野において都心部及び郊外部の開発・再開発を推進。 2016年より横浜市副市長として社会基盤の整備及び維持管理を担うとともに、今後の横浜市の持続可能な発展を目指し、環境未来都市及びスマートシティの推進

テープカット参列者は、横浜副市長 平原敏英、横浜市議会議長 松本研、横浜市議会副議長 森敏明、国土交通省関東地方整備局副局長 高田昌行

第7回アフリカ開発会議 公式サイドイベント『シンポジウム「Make the future,together!~共に創ろう、未来を~」』の詳細情報をご紹介します。横浜のおすすめ観光スポット、イベント情報、モデルコースなど、横浜の観光に役立つ情報をご案内する横浜市の公式観光サイト。

^ 「横浜市 副市長に平原敏英都市整備局長」建通新聞2016/3/28 ^ a b 第 2 6 7 6 回(第 3 7 回) – 横浜南ロータリークラブ ^ a b c 横浜高速鉄道株式会社有価証券報告書 (2015年3月期) ^ 「横浜市副市長に平原氏」産経ニュース2016.3.26 07:00

これに先立ち、整備主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)と営業主体の相模鉄道(相鉄)は11月25日(月)、相鉄・jr直通線と同時に開業する羽沢横浜国大駅(横浜市神奈川区)で「発車式」を開催。その様子が報道陣に公開されました。

横浜市幹線道路網建設促進協議会 副会長 小此木歌藏氏は「(結成から30年間)私共が要望してまいりました横浜市の幹線道路網が、続々と開通しております」と前置きし、先だって開通した横浜北線では「わずか15分ぐらいで通ってしまっていいのだろうか

4/20平原副市長と額田区長が来園されました。 ご多忙の為、短時間ではありましたが、泉館内、湧水の森(わさび田、竹林)を興味深く見学されました。

26日の午後に開かれた“まちびらき”の記念式典には、 パナソニックの津賀一宏社長 や 横浜市の平原敏英副市長 、 野村不動産の宮嶋誠一社長 、 ユニーの佐古則男社長 ら綱島sstの関係者が一堂に揃い、地域からは綱島連合自治会の佐藤誠三会長や日吉連合

商議所が主催した「都市政策フォーラム」では、平原副市長がIRに関する市の考え方や誘致で見込まれる経済効果を説明した。

発進式では、横浜市の平原敏英副市長や首都高速の宮田年耕社長らの合図で、北側・南側を掘る2台の泥水式シールド機の面盤がそれぞれ回転を始める様子を披露した。シールド機の直径はいずれも12.6m。

誘致レース(735)横浜市=第25回 横浜経済人会議 ir提言6年連続~平原副市長が市のir方針説明 ・8月23日、横浜青年会議所は「第25回 横浜経済人会議 ”考動が切り拓く横浜の未来”」を開催

(平原副市長) 3号線の延伸は、横浜、川崎、両市の発展につながる重要な路線であると認識しております。川崎市とは踏み込んだ議論を行い、連携を深めていくことが必要不可欠でございます。

冒頭集合写真(左から、加山相模原市長、黒岩神奈川県知事、福田川崎市長、平原横浜市副市長) 〒231-8588 神奈川県横浜市中区日本大通1.

横浜市職員 政策局長 小林一美 横浜国立大学工学部建築学科卒 都市整備局長 平原敏英 武蔵工業大学工学部土木工学科卒 大阪市 幹部職員(技術系) 副市長 田中清剛 京都大学工学部土木工学科卒 【局長級】 建設局長 福井聡 大阪大学工学部土木工学科卒

「神奈川県再開発計画」のブログ記事一覧です。ご意見はなるべくこちらのページではなくリンク元のページにお願いします。取り上げてほしいジャンルがあればどうぞ【KB press】

次いで、横浜市の平原副市長を表敬訪問し、この際も併せて、横浜の市街地整備の歩み、横浜の中心部が関東大震災や第二次世界体制で一旦焼け野原となったものの、二度に亘って中心市街地の再生を行い、また、その中で、土地区画整理事業、市街地再

[2019-10-28建設通信新聞]横浜岡田屋(横浜市)を代表企業とする新港ふ頭客船ターミナル(岡田伸浩社長)は25日、日本初の商業施設・ホテルが一体となった国際客船ターミナル施設「横浜ハンマーヘッド(yokohamahammerhead)」の竣工式を開いた。設計は梓設計、施工は五洋建設が担当し、31日に開業す

続いて横浜市 副市長 平原敏英氏がステージに立ち、「2018年は、通常外国籍客船のクルーズ船の発着が少ない冬の時期にも工夫したクルーズを実施いただけるとのことで感謝している。

^ 「横浜市 副市長に平原敏英都市整備局長」建通新聞2016/3/28 ^ a b 第 2 6 7 6 回(第 3 7 回) – 横浜南ロータリークラブ ^ a b c 横浜高速鉄道株式会社有価証券報告書 (2015年3月期) ^ 「横浜市副市長に平原氏」産経ニュース2016.3.26 07:00

横浜市は1859年の開港以来、都市の成長に伴う様々な課題に取り組んで解決してきた。現在は地球温暖化と超高齢化という大きな課題に直面する。人口が戦後60年間で約3.5倍に増えるにつれ、温室効果ガス排出量やエネルギー消費量も大幅に増加。また高齢化